院長・スタッフ紹介

Introduction

ハナオカ消化器・内視鏡内科
院長:鼻岡 昇

人の体の中で直接その表面、内部構造を見ることができる臓器は何があるかご存じですか?眼や皮膚などは体の一部ですが、直接人の目で観察することができます。それ以外では口の中や胃、大腸などいわゆる消化管も観察することができます。そしてそれらの消化管の観察を可能にする医療機器として内視鏡医が使う消化器内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)があります。食べ物を食べて排泄するまで道のりは1本で、よく考えると体に長いトンネルが一本開通していますね。トンネル内には様々なポイントがあり、病気ができやすいところ、血が出やすいところなどが分かっています。内視鏡を用いてこの長いトンネルを丹念に観察し、病気を見つけることはもちろん、病気になりそうな所も詳しく観察します。

私はこの内視鏡という機器に魅せられ20年間研鑽を積んできました。主に早期がんの診断と治療をライフワークにしてきました。

この間、数々のがんを診断し、治療してきました。早期で見つかったもの、進行がんとして見つかったもの、、。その中で、がんを早い段階で発見するのは内視鏡専門医の最低条件で、さらにがんを未然に防ぐということがこれから求められる条件だと感じました。当院ではがんが出来やすいかどうかを内視鏡検査を通して判断し、適切なタイミングで検査をご提案していきます。私がこれまでに大阪国際がんセンターなどで培ってきた知識と技術を是非皆様に提供したいと思っておりますのでどうぞ宜しくお願いします。

主な経歴

2001年 防衛医大卒業
2001年 防衛医大、自衛隊中央病院
2003年 自衛隊横須賀病院 内科
北里大学病院 消化器内科
2007年 海上自衛隊 第一護衛隊群司令部 医務長
2008年 大阪国際がんセンター
(旧大阪府立成人病センター) 
消化管内科 医長 
2018年 大阪赤十字病院 消化器内科 医長

専門医資格等

  • ・医学博士
  • ・日本内科学会内科認定医
  • ・日本消化器病学会専門医・指導医
  • ・日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

所属学会

  • ・日本内科学会
  • ・日本消化器病学会
  • ・日本消化器内視鏡学会
  • ・日本臨床腫瘍学会
  • ・日本食道学会
  • ・日本胃癌学会

表彰など

2009年 大阪対ガン協会ガン研究助成奨励金
2013年 成人病医学研究助成金
2013年 内視鏡医学研究振興財団研究助成金
2016年 内視鏡医学研究医海外派遣助成
内視鏡医学研究医海外短期留学助成
(オランダ Academic Medical Center短期留学)
2019年 成人病医学研究助成

専門分野

  • ・消化器(中・下咽頭、食道、胃、大腸)
    がんの内視鏡診断・治療

1. Hanaoka N, Ishihara R, Motoori M, et al. Endoscopic Balloon Dilation Followed By Intralesional Steroid Injection for Anastomotic Strictures After Esophagectomy: A Randomized Controlled Trial. Am J Gastroenterol. 2018 ;113:1468-1474.

2: Hanaoka N, Ishihara R, Uedo N, et al. Refractory stricture despite steroid injection after esophageal endoscopic resection. Endosc Int Open. 2016; 4:354-9.

           

3: Hanaoka N, Ishihara R, Takeuchi Y, et al. Endoscopic submucosal dissection as minimally invasive treatment for superficial pharyngeal cancer: a phase II study(with video). Gastrointest Endosc.           2015; 82: 1002-8.

4: Hanaoka N, Ishihara R, Matsuura N, et al. Esophageal EUS by filling water-soluble lubricating jelly for diagnosis of depth of invasion in superficial esophageal cancer. Gastrointest Endosc. 2015; 82: 164-5.

5: Hanaoka N, Ishihara R, Takeuchi Y, et al. Clinical outcomes of endoscopic mucosal resection and endoscopic submucosal dissection as a transoral treatment for superficial pharyngeal cancer. Head Neck. 2013; 35: 1248-54.

6: Hanaoka N, Ishihara R, Takeuchi Y, et al. Intralesional steroid injection to prevent stricture after endoscopic submucosal dissection for esophageal cancer: a controlled prospective study. Endoscopy. 2012 ; 44: 1007-11.

7: Hanaoka N, Uedo N, Ishihara R, et al. Clinical features and outcomes of delayed perforation after endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer. Endoscopy. 2010; 42: 1112-5.

8: Hanaoka N, Uedo N, Shiotani A, et al. Autofluorescence imaging for predicting development of metachronous gastric cancer after Helicobacter pylori eradication. J Gastroenterol Hepatol. 2010; 25: 1844-9.

9: Hanaoka N, Higuchi K, Tanabe S, et al. Fulminant amoebic colitis during chemotherapy for advanced gastric cancer. World J Gastroenterol. 2009; 15: 3445-7.

10: Hanaoka N, Tanabe S, Mikami T, et al. Mixed-histologic-type submucosal invasive gastric cancer as a risk factor for lymph node metastasis: feasibility of endoscopic submucosal dissection. Endoscopy. 2009; 41: 427-32.

11: Hanaoka N, Tanabe S, Higuchi K, et al. A rare case of histologically mixed-type intramucosal gastric cancer accompanied by nodal recurrence and liver metastasis after endoscopic submucosal dissection. Gastrointest Endosc. 2009; 69: 588-90.

〈 当医院へのご予約はこちら 〉

電話受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30
土曜 9:00~12:00 〈予約優先〉

休 診 日:水・日・祝日は休診

ページの一番上へ

診療・内視鏡予約はこちら

×