当院について

Introduction

精密な消化器内視鏡検査によって、がんの早期発見・早期治療、さらに、がんを未然に防ぐことが、当院の果たす役割だと考えています。適切かつ高度で専門的な医療の提供に努め、患者様の明るい未来をサポートします。

日本人の死因の第1位を占めるのが「がん」です。その中でも大腸がん、胃がんは上位を占めます。これらのがんは内視鏡で早期に発見できるようになりました。
また、発症する頻度は低くても症状が出たときにはすでに手遅れだったとされるような咽頭や食道、十二指腸の「がん」に対しても初期の段階で発見する方法が確立されつつあります。

当院の内視鏡検査のコンセプトは「咽頭、食道、胃、十二指腸、大腸がんは内視鏡で早期に発見すること」です。

そして近年注目されている膵臓がんについては発症リスクが分かってきましたので当院では主に腹部エコー検査を行うことで発症のリスクを評価していきます。 早期発見は非常に大切ですが、幸い「がん」がなかった場合には内視鏡画像を通して今後どれくらいの確率でがんが発症するのかもお伝えするようにします。例えば胃がんで言えば、ピロリ菌感染が引き起こす胃炎の程度によって将来、胃がんがどの程度できやすいかということが特殊な画像処理で評価できるようになりました。

その他の臓器についても内視鏡画像を通してがんの発症リスクを個別に評価し、適切な検査間隔を提示することでがんを未然に防ぐ、あるいは事前に予知することができると考えています。 AIによる画像診断にも力を入れていきます。長年、日本の内視鏡診断、技術は世界をリードしてきました。そして蓄積されてきた多くのデータを元にAIによる画像診断も開発されてきました。

当クリニックでも積極的にこのAIによる技術を用いていきます。多くの方が今後、遭遇することになる病気について事前にリスクを知っておくこと、そして最新の技術を元に「がんの芽」を摘み取り続けることでこれからの人生が楽になると信じていす。 病気に関する悩みはつきないと思います。当院の診療を受け、肩の力が取れるようお手伝いしたいと思います。

〈 当医院へのご予約はこちら 〉

電話受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30
土曜 9:00~12:00 〈予約優先〉

休 診 日:水・日・祝日は休診

ページの一番上へ

診療・内視鏡予約はこちら

×