病気や疾患

Illness or disease

一般内科の疾患について

高血圧

高血圧について

高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなって固くなったりして、動脈硬化を起こしやすくなります。
高血圧の状態を放置していると、動脈硬化を促進し、脳卒中や心疾患、あるいは慢性腎臓病などの重大な病気につながります。
とりわけ最近の研究から、脳卒中は男女を問わず高血圧の影響が大きいことが明確になっています。
一般に血圧は、高齢になるほど高くなる傾向があります。しかし、日本では、30歳代、40歳代の比較的若い世代でも、すでに2~3割の人が高血圧の状態です。しかもこの世代の場合、80~90%もの人が治療を受けていません。高血圧を長期間放置していると、それだけ血管の傷みも進み、いきなり脳卒中や心筋梗塞を起こしかねません。若い世代は、食生活の改善など生活習慣を見直すことで血圧を下げやすいので、早めに受診して生活改善の指導を受けるようにしましょう。

高脂血症(中性脂肪・コレステロール)

高脂血症について

以前は高脂血症とよばれていましたが、現在は脂質異常症といいます。心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などのリスクが高まるため、症状がなくても生活改善・治療が必要です。若いうちは男性に多いですが、女性は更年期ごろから数値が高くなりやすいので留意しましょう。

糖尿病

糖尿病について

糖尿病になる要因はさまざまで、食生活などの環境因子と体質(遺伝)の組み合わせで起こると考えられています。
2型糖尿病の治療の基本は適切な食事指導と運動で、これらを続けながら薬による治療を行います。
2型糖尿病の治療に使われる薬にさまざまな種類があり、糖尿病の状態に合わせて使います。

高尿酸血症

高尿酸血症について

生活習慣の変化に伴い最近は中年だけでなく若い世代にも増えています。主な症状は関節炎(痛風発作)ですが、他にも尿路結石や腎障害、さらには心筋梗塞や狭心症、脳梗塞の危険因子として知られています。他の生活習慣病を合併しているケースが多いので、症状がなくても治療と経過観察が必要です。

貧血

貧血について

           

貧血の原因は様々ですが、消化管からの出血(吐血、血便、黒色便)に対しては急ぎで内視鏡検査をする必要があります。また、採血検査で貧血の原因を精査し、特殊な治療が必要な場合は血液内科専門の病院をご案内します。

〈 当医院へのご予約はこちら 〉

電話受付:平日 9:00~12:00/13:00~17:30
土曜 9:00~12:00 〈予約優先〉

休 診 日:水・日・祝日は休診

ページの一番上へ

診療・内視鏡予約はこちら

×